交通事故で損をしないために

交通事故被害者になり困っている方、悩んでいる方へ

  • 提示された示談金が妥当かわからない・・・
  • 後遺障害等級に納得できない・・・
  • 保険会社から治療費の打ち切りを告げられた・・・
  • 誰に相談したらいいのかわからない・・・
ある日突然、交通事故に巻き込まれてしまい、流れのままに保険会社の進める手順に従った結果、損をしている交通事故被害者が多くいらっしゃいます。なぜなら、加害者に依頼される任意保険会社は、加害者の代理で示談交渉したり、お金を支払ったりする業務を請け負っているだけなので、交通事故被害者にとって不利になるケースが多いからです。
日本交通事故治療院協会・仙台では、保険会社が提示してきた交通事故の損害賠償額の査定慰謝料損害賠償の請求示談書の作成やアドバイスなどで、被害者側に立ったサポートを実践しております。

保険金は請求しないと損をします!

行政書士は加害者が加入している保険会社に請求できる保険金額や、被害者が加入している保険内容を調べて保険金請求書を作成いたします。

交通事故専門の行政書士は、保険金請求に精通し損保会社各社の傾向や特徴を理解してます。