治療院って何?



ページのトップへ

病院(外科・整形外科)と治療院(整骨院・接骨院・鍼灸院・指圧院)の違いとは?

交通事故に遭うと、必ず病院で診断書をもらうように、警察や保険会社から指示があります。

外科や整形外科では、レントゲン撮影、MRIやCTといった断層画像を撮り、怪我の原因を探します。
そして、症状にあわせて薬や湿布を処方し、また怪我の症状により手術などを行い、症状の改善を目指します。
患者さまの必要に応じて診断書を書きます。

しかし交通事故では多くのケースで、むち打ち症、腰痛といった目に見えない症状が出ることがあります。

そこで、治療院での施術がとても有効な治療になります。

整骨・接骨院・鍼灸院・指圧院とは定められた教育制度の中で基礎医学、専門知識・技術、関係法規を学び、国家試験に合格し厚生労働大臣から柔道整復師免許(整骨・接骨院)、はり師免許、きゅう師免許又はあん摩マッサージ指圧師免許(鍼灸院・指圧院)を与えられた専門家による 施術をするところです。

治療院は「治療施設」ですので、国家資格をもつ柔道整復師やはり師、きゅう師又はあん摩マッサージ指圧師が保健所に開設届けを提出し、認可を受けなければ開業することはできません。

各種保険を取り扱っている治療院も多く、お問い合わせの上ご利用ください。

ほとんどの治療院では、交通事故で遭われたけがの治療を行っています。
自賠責保険や、病院での同意書があれば治療をおこなえます。

保険会社の考えも昨今変化しており、早期回復を目指す患者さまの為に治療院での施術をご紹介する保険会社の担当も増えてきております。

辛い症状を早く改善したいと思っているのでしたら、少しでも早めに自分にあった治療院を探すことをお勧めいたします。

なお整体やカイロプラクティックは民間療法で明確な国家資格はなく、マッサージやエステと同じように誰でも開業ができます。
整体は治療行為を行うことはできず、慰安行為のみとなって、健康保険や交通事故の自賠責保険を使用することはできません。
自由診療と呼ばれるものです。


ページのトップへ

「治療院」を見つけよう!

あなたの辛い症状の悩みを改善してくれる治療院はここにあります!
交通事故治療に特化した「治療院」をみつけよう!

車社会の現代…交通事故による負傷者は後を絶ちません。
宮城県内の交通事故は平成23年度の交通事故発生件数9,899件中、負傷者は12,688人と前年に比べ減少傾向にありますが、多くの方々が被害に遭っております。

「病院で診てもらっていても症状が改善されない…。」
「仕事が忙しいしこの程度なら我慢できる」など、思っていませんか?
症状が悪化する前に、早期治療が一番大切です。

交通事故治療専門の治療院と本気で治して、今まで通りの笑顔を取り戻しませんか?
交通事故による辛い症状に苦しんでいる方の多くは、整骨・接骨院・鍼灸院・指圧院で治療が受けられることをご存じではありません。
このサイトを通して、仙台市内で交通事故治療に特化した治療院にめぐりあって頂きたいと思います。

交通事故による辛い症状は「治療院」でも自賠責保険で自己負担なく治療ができます!

治療院では交通事故の自賠責保険を扱うことができます。
治療院で自賠責保険を取り扱う場合、

「受領委任」()という方法で最初から一切お金を払わずに治療を受けることができるようになっています。
たとえ症状の改善に数カ月から半年かかったとしても、交通事故が原因ならお金を払わずに治療を受けることもできるのです。

※受領委任
自賠責保険では基本的に、治療を受ける患者さんが治療費の全額を一時負担し、
すべての治療が終わってから治療費を保険会社に請求して返金してもらうというシステムになっています。
しかし、治療院が保険会社と契約を結ぶことで、治療院が保険会社に治療費を直接請求できるようになります。
つまり、治療院が患者さんから請求権を委任されたということなので、「受領委任」と呼ばれています。

現在、整形外科や他の治療院に通院中の方でも、転院して治療を受けることができます。
特に東北の方は、今通院している病院や治療院に遠慮して、なかなか転院を考えない方が多いと思いますが、
自分の体を完全に治すことを優先して治療しましょう。
本当に自分に合う治療院を見つけましょう。


ページのトップへ

「むち打ち症」とは

後遺症のひとつ、「むち打ち症」というのは、「不定愁訴」の症状を便宜上まとめた名前で、はっきりした病変をもつ病気ではないのです。
多くの方は次のような5つの傷病名に診断され,様々な症状がでてきます。

1) 頸椎捻挫型

むち打ちの70~80%は、この頸椎捻挫型だといわれています。
人間の頭部は成人で3~4キログラムあるといわれています。
人間は細い頸椎だけで、この重い荷物を支えているのです。
追突などの衝撃を受けた際に、頭が振り回されるので、頚部を支えている頸椎が大きく曲げられ、周囲の筋肉や靱帯、軟骨が傷ついてしまいます。
軟部組織の損傷が起こっている状態(捻挫)です。

【症状】
首を動かした時の痛み・首が動きにくい運動制限・首や背中のこり・頭痛・めまいなど

2)脊髄症状型

頸椎の中には脊髄という部分があり、ここをたくさんの神経が通っています。
頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、圧迫を受けた場合にみられます。
脚がつねにしびれているような状態になることが多いですが、内臓に影響が現れた場合は、下痢や便秘、頻尿といった症状を感じることもあります。

【症状】
下肢のしびれや知覚異常、歩行障害など。
また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。

3)神経根症状型

頸椎の中には、脳と体を結ぶ神経が通っています。
追突などの衝撃を受けた際に脊髄から出ている頚部の神経が引き伸ばされたり、頚椎にズレが生じることで圧迫を受ける事により起こります。
頸椎が変形してしまい、神経の通り道が狭くなってしまったのが神経根症状型です。

【症状】
圧迫された神経がつかさどる手足のしびれや痛み、だるさ、筋力の低下など。
その他顔面痛、後頭部の痛み。

4)バレ・リユウー症状型

頸椎を通っている神経のひとつに、交感神経があります。
交感神経とは自律神経のひとつで、人間が激しく活動するときに必要になります。
追突などの衝撃を受けた際に、血行をつかさどる交感神経が損傷したり、椎間板や筋肉による圧迫を受けることによって、頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下している状態です。

【症状】
後頭部や首の後ろの痛み、めまい・難聴、耳鳴り・吐き気・目のかすみ、眠精疲労・全身の倦怠感・集中力の低下など

5)脳脊髄液減少型

むち打ち症の中でももっとも自覚症状が分かりにくい病気です。
ごく最近に発見されたタイプで、まだほとんど研究が進んでいません。
追突などの衝撃を受けた際に、脊髄液に強い圧力がかかり膜が裂けてもれる状態です。
人間の脳は、脊髄液という無色透明な液体の中に浮かんでいます。
液体の中に浮かんでいることで、脳は衝撃から守られ、正常に働くことができるのです。
交通事故の衝撃で脊髄液が漏れだしてしまうと、脳は最適な位置に浮かんでいられなくなり、正常に働けなくなります。

【症状】
頭や首、手足などの痛み、聴力や視力、味覚の障害などの脳神経症状、血圧障害や胃腸障害などの自律神経症状、記憶力低下や不眠、うつなどの大脳機能障害、倦怠(けんたい)感などさまざま。


むち打ち症の治療法まず初期治療として大切なのは、安静にすることと、患部を冷やすこと。
炎症を起こしているときは患部が熱をもっていますから、冷やすとそれだけ早く炎症が治まります。
シップ薬には炎症を抑える成分が入っていますが、実際に患部を冷やしているわけではありません。
氷や保冷剤を使って、きちんと冷やすようにしましょう。

炎症が治まったら、本格的な治療に入ります。
初期に首を安静にしていたことで、筋肉や靱帯の損傷は回復しますが、代わりに柔軟性が失われてしまったり、自由に動かなくなったりするのです。
それを元通りにするために、温熱療法やマッサージなどを行います。
さらに整骨院では、患者さんの体質や症状に合わせた全身治療を行います。
むち打ちで衝撃を受けたのは首だからといって、首だけを治療すればいいのではありません。
人間の体は全部つながっています。傷を受ければ患部をかばおうとして、ほかの部分の筋肉や靱帯に負担がかかってくるのです。骨格にゆがみが出てくることもあるので、全身のバランスを見ながら治療を進めていかなければなりません。
だからこそ、患者さんひとりひとりに合わせた丁寧な治療が必要になるのです。


ページのトップへ

治療院に転院するまでの手続きについて

【交通事故発生】まず警察に連絡しましょう。

被害の程度によっては警察に届けずに、済ましてしまう場合も見受けられますが、これは道路交通法に違反していますし、なにより後でトラブルが発生のすることも多いです。
また、場合によっては、被害者、加害者、共に交通事故認定ができず、保険適応が受けられない場合があります。
必ず、警察に連絡してください。

【医師の診断と診断書の発行】病院で医師の診察

事故に遭った直後は、興奮しているため体の異変に感じず、翌日以降に症状が出ることもあります。
必ず診察を受け、診断書を発行してもらいましょう。
人身事故の場合は後日、診断書を警察に提出することになります。
その際、必ず診断書はコピ-しておいてください。

【自賠責(交通事故)保険会社の確認】保険会社の担当者様へ連絡

交通事故被害者の場合、相手方の自賠責(交通事故)保険会社の担当へ、『整骨院、鍼灸院での治療を受けたい』と申し出て下さい。その後、あなたの行きたい治療院にご連絡ください。
交通事故損害保険会社の担当者様によっては『整骨院・鍼灸院は認められない』と言われる場合がありますが、これは担当者様の認識不足です。自賠責保険を支払う料率算定機構は治療院の治療を認めております。

どの医療機関で、どの様な治療を受けるかは、患者様、お客様側に自由と権利が認められており、何人もその選択を拒む理由はありません。
又、整形外科・病院での通院治療と併行して、治療院での整骨・鍼灸治療を受ける事も可能です。
損害保険会社様より、当院へ連絡があり、交通事故扱いでの整骨・鍼灸治療が認められた場合、患者様の整骨・鍼灸治療費負担はありません。安心して、治療に専念頂けます。