Q&A

Q:交通事故にあってしまったら?

A:交通事故発生時の対応順に沿って対応しましょう

交通事故にあってしまったら当事者間の正確な初期対応が後のトラブルを防ぎ、問題を円満に解決するということは言うまでもありません。
「自分は大丈夫!」と思っていても、交通事故は誰もが予期せぬものであり、いざとなるとパニックになってしまい冷静に対応することができない人も少なくありません。
一番望ましいのは交通事故に遭わないことですが、いざというときに正確な初期対応をすることができるように正しい知識を身に付けておきましょう。

負傷者の有無の確認

相手側・自分の車の同乗者及び周囲の歩行者に負傷者がいないかを確認し、負傷者がいる場合は、応急処置または必要に応じて救急車の手配をしましょう。
負傷者の保護は義務であるため、救護義務を怠ると懲役や罰金などが科せられる可能性があります。

二次災害の防止

二次災害を防ぐため自走が可能であれば事故車両を安全な場所に移動しましょう。
自走が出来ない場合は、周囲の散乱物を片付け、ハザード・発炎筒・停止表示機材を置くなど、他の車に停車中であることがわかるようにしましょう。

警察に届出を出す

後のトラブルを防ぐため、事故の程度、種類(物損事故・人身事故)を問わず、警察に届出を出すようにしましょう。
急用など時間が無いようであれば実況見分は後日に受けることも可能ですが、届出は事故直後にする必要があります。

相手の身元確認

「運転免許証」「自動車保険の証券」「会社の名刺」などで相手の身元確認を行いましょう。
その際、必ず控えをとるようにしましょう。

目撃者の確保

相手方との主張の違いなどのトラブルに備え、交通事故の目撃者がいれば、その人の連絡先を聞いておきましょう。

任意保険会社に連絡

事故の補償に保険を使用する場合は、保険会社に連絡をしましょう。

Q:自動車事故に遭い整形外科に行くよう指導されたのですが一向に改善されないので、自分で検索して接骨院に行こうと思っているのですが、治療費や保険対応はどのようになっているのでしょうか?

A:自賠責保険が適応になる治療院では、治療費の負担がありません。

自賠責保険では、柔道整復術やはり灸の治療費や治療に通う交通費も補償の対象になるので、患者様の金銭的な負担が減り、安心して治療に専念できます。
患者様で勘違いをされている方が多いのですが、整体やカイロプラクティックなどは補償の対象ではありません。
日本交通事故治療院協会に登録されている治療院は、すべて自賠責保険適応の治療院です。

Q:整骨院ではどのような治療を受けられるのでしょうか?

A:整骨院の先生はケガの専門家です。

整骨院の先生は、柔道整復師という国家資格を持っています。
柔道整復師とは、骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷を取り扱うケガの専門家です。
レントゲンに映らない怪我やむち打ちだけでなく、接触事故などによる打ち身などさまざまな症状に対応できます。

Q:以前、指圧マッサージに行った事があるのですが、揉む力が強く、揉み返しでひどい思いをしたのですが、そのような事はないのでしょうか?

A:しっかり手をかけます。

治療院の先生は、手技療法家とも言われ、投薬や注射などに頼らず、個々の患者様の体の状態や症状によって、安全な治療内容を選択します。
日本交通事故治療院協会・仙台に登録されている治療院の先生は、多くの交通事故治療の経験があります。
交通事故でのケガは、さまざまな症状を出す場合があるので、経験豊富な先生の治療を受けましょう。

Q:接骨院への通院も通院慰謝料の対象になりますか?

A:通院慰謝料の対象にもなります。

自賠責保険の補償のひとつに慰謝料というものがあります。
慰謝料の金額は、治療にかかった期間や通院日数によって左右されます(原則1日通院につき4,200円)。
治療院の通院日も慰謝料の計算に含まれますのでご安心ください。